ワンマイル交通

・AIオンデマンド交通サービス「mobi」
・自動運転
・MaaSアプリ

MaaS(Mobility as a Service) は移動中に感じる様々なストレスを減らし、
世界各地で起きている社会課題 を解決するソリューションの一つだと考えています。
MaaSにより、私たちの移動スタイルはこれまでとは大きく変わる可能性があります。
この変革を創造することこそが、WILLER GROUPのWILLERS MaaS事業のコンセプトなのです。

ASIAやASEAN、
日本における社会課題

  • 渋滞
  • 事故
  • 環境汚染
  • 少子化
  • 高齢社会
  • 社会課題01
  • 社会課題02
  • 社会課題03

WILLERS MaaSのソリューション


AIオンデマンド交通サービス「mobi」

AI シェアリングモビリティサービス「mobi」

「自宅2Kmの生活圏」の移動が変わることで、これまでと違う豊かな暮らしがはじまる、すべての人に優しく思いやりのある移動サービス「mobi」を提供しています。

AIオンデマンド交通サービス「mobi」
地方モデル
10年後も安心して暮らせるまちに
  • 半径2kmの生活圏内の移動にマイカーと同等のサービスを創造する
  • マイカーのちょいのりや自転車に代わる魅力的なサービスを作り車無しで必要な移動ができる
  • 一家に複数台のマイカーを減らし環境に優しいまちづくりと経済的負担を減らす
  • ワーケーションや移住者もマイカーを持たずに生活できるので促進される
  • 既存公共交通と連携した交通システムで公共交通の利用促進に繋がる
  • ストレスのない移動で外出機会が増え地域経済を活性化
大都市モデル
コミュニティで創る移動サービス
  • New Normalに望まれる「2km圏の移動」を便利で、環境に優しく、より健康的になれるサービスを創れる
  • 交通の時間に合わせた移動ではなく自分都合に合わせた移動サービスができる
  • まちの人々と自分達が欲しい移動サービスを作ることができる
  • 新たな乗降ポイントのリクエストなどユーザーが協力し合うことで、自分たちにあった利便性の高いサービスに
  • モビリティを通じて、同じ価値観を持った人々がつながるサービスへ
  • コミュニティで毎月定額を出し合い運転手付きの車を複数台共有する感覚で利用

新たな決済サービスの導入

京都丹後鉄道では、日本初となるMaaSアプリを使用したQRコード決済と、Visaのタッチ決済による距離制運賃の支払いが可能で、ストレスのないスムーズな移動を実現しています。

新たな決済サービスの導入

MaaSアプリの開発

マルチモーダルな乗り換え検索に加え、QRコード決済や、AIオンデマンド交通mobiを呼ぶ機能が備わったMaaSアプリを開発し、様々な地域に提供しています。

MaaSアプリの開発

目的に応じた自動運転サービスの開発

健康プログラムやデリバリーサービスなど、既存交通の代替えとしてではなく、走行するエリアのニーズに合わせた、新たな移動サービスの有効性を検証しています。

  • 目的に応じた自動運転サービスの開発

  • 目的に応じた自動運転サービスの開発

  • 目的に応じた自動運転サービスの開発

  • 目的に応じた自動運転サービスの開発

  • 目的に応じた自動運転サービスの開発